スタッフ紹介

相模原北ボーイズは、総勢20名ほどのスタッフで構成されています。

野球を通じ、感謝・礼儀と、元気のある部員を育てるため、スタッフ一丸となって育成に取り組んでいます。野球部員の指導には、以下のスタッフだけでなく、OBの先輩方も練習に来てくれることがあります。


代表:梅木 英次

……………………………

はじめに

野球を愛好する少年たちに、硬式野球のあり方を正しく指導し、体力向上とスポーツ精神を養成すると同時に、友情と交歓の場を与え、野球を通じて健全な心身を育成し、明朗な社会人としての基礎を学び、次世代を担う人として活動してほしい。

大きな夢に向かい、目標をかかげ、悔いのない野球、学業を両立し、父母への感謝の気持ちを忘れずに夢を叶えてください。

 

指導 基本動作を正確に習得させ、中学生らしく明るく、楽しく、元気よくのびのびとした野球をさせる。

一人一人の個性を伸ばし、チーム内での競争心を持たせ、チームプレイと考えることの重要性を理解させる。

 

最後に、スタッフ、父母を中心とした多くの理解あるボランティアの人たちで構成運営されています。皆、一団となって全国に精通するチームを目指し総力を結集しましょう。


事務局長:上田 晴彦

……………………………

野球を通じ様々な子ども達と出会ってきました。この出会いはかけがえのないものとなります。私達は、野球から学ぶ青少年育成に取り組んでおります。そして、子どもたちの日々の成長を心より応援しています。これからも野球を好きな子どもたちを応援しています。



監督:山口 国博                     

出身校:東海大学

…………………………………………………

相模原北ボーイズでは、野球を通して「礼儀」「元気ある子ども」「父母への感謝」が出来る子を育てています。感謝や礼儀無しに野球が上手くなっても、心の成長につながっておりません。野球だけ上手くなっても元気が無いのでは、挫折にも耐えられない子になりかねません。何を言われても強く、どんな練習でもたくましくやり遂げてほしいと願います。

 

練習は決して甘くはありません。強い心と高校野球でも通用する野球の技術をこの中学生の2年半ほどの間で教えなければいけないからです。さらに、勉学にも手を抜く子は認めておりません。野球も勉強も努力できる子どもを応援し、育てています。相模原北ボーイズでは、そんな心ある子どもたちの育成に、私もコーチ陣も努力を惜しみません‼一緒に硬式野球をやりたい!と思う子は、いつでもご連絡、体験にいらしてください。

 

野球が好きな子ども達がひとりでも増えてくれることを願っています。



ヘッドコーチ:大杉 勝美

出身校:国士館大学

…………………………………………

現在、3年生に我が子が在籍中です。相模原北ボーイズでは、硬式野球で必要な技術から、集団行動における礼儀まで、監督やコーチを通じて学んでいます。コーチとして教える立場ではありますが、日々、子ども達からも学ぶことが多々あります。皆と一緒に成長していく過程を目の当たりにできることに感謝して、これからも指導に励みたいと思います。応援のほど、何卒よろしくお願い致します。

育成コーチ野中 孝政

出身校:向上高校

…………………………………………

主に、子ども達の育成面の指導をしています。厳しい指導ではあると思いますが、子ども達に差別なく向き合う事で子どもたちの中で強い絆が出来ていると感じています。練習は厳しく、オフでは愛情持って子ども達に触れ合えるようにすること。今の時代、野球だけ上手ければよいことはなく、勉強にも力を入れなければいけない大変さをチーム全体で受け入れ、子どもたちが全力で野球にも勉強にも取り組めるよう協力しています。



コーチ

山口 丈二
出身校:相模原総合高校

コーチ

吉村 真三朗
出身校:桐蔭学園高等学校

 

コーチ

佐藤 啓太
出身校:相模原総合高校



臨時コーチ
上田 善隆

(1期生)
日本体育大学

臨時コーチ
根本 郁弥

(2期生)
立正大学

臨時コーチ
今村 龍

(3期生)
桜美林大学

臨時コーチ
日原 凌

(3期生)
帝京大学



事務局:工藤 紀史

    今村 輝仁

    北澤 潤

マネージャー:佐藤 栄一

       山口 晃

運営部:那須 英治

審判部:秋葉 邦晴

    松岡 利明

    水越 眞

広 報:秋葉 邦晴(HP担当)

    佐藤 栄一(SNS担当)

協賛者:中村 一起様



チームアドバイザートレーナー 

吉田 干城(横浜ベースボールクリニック院長)


顧問 

唐橋 和男(株式会社サーティーフォー代表取締役)